痛みの少ないレーザー治療について:名古屋市緑区の歯医者 スエナガ歯科医院  

TEL 052-895-4118
ごあいさつ・診療主旨当院の取り組み院内感染症対策スタッフ治療費のご案内医院案内


ネット予約

トップページ
審美歯科
インプラント
歯周病
小児歯科
ホワイトニング
レーザー歯科治療
リンク集
お問い合わせ


レーザー歯科治療


歯科レーザー治療器歯科におけるレーザ―は、虫歯や歯周病を引き起こす細菌を殺菌する事に大きな効果を発揮します。レーザー治療は、歯周病治療において、抜いてしまわなければならない様な歯も残す事ができます。痛みが少なく従来の治療方法に比べ回復が早く、口内炎や知覚過敏の症状にも効果あるといった特徴が挙げられます。

レ―ザ―は、治療に痛みがほとんどない事から、無麻酔、もしくは麻酔の使用量が少なくて済むのも大きなメリットです。

● 歯周病の治療
歯周病菌(プラーク)をためておくと歯肉の血行が悪くなり、歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければなりませんでした。

 術前術前  術後術後

歯周病のレーザー治療では、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。治療中はほとんど出血することはありません。歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌をやっつけて、弱っている歯茎の血行を良くして、健康な引き締まった歯茎を再生します。歯肉を切ったりしないので、麻酔もせずに、歯周病の治療が可能になります。

● 虫歯の予防治療
レーザーを使えば、虫歯の進行を大幅に遅らせる事ができ、虫歯になるリスクの高い歯質部分の再石灰化(歯質の強化)を行うことが可能です。今までは、虫歯ができたら治療を行うというかたちで、虫歯もふくめて歯を大きく削る、そして詰め物をする治療が行われてきましたが、虫歯を作らない予防のためにレーザーを使い、そして再石灰化した歯質を獲得することが大切です。その結果、仕方なく行っていた「削って詰める」治療も行わなくてすむケースが多くなりました。


● レーザー歯科治療について、よくある質問にお答えします。
レーザー治療は痛くないの?
「全く痛くないと」いうわけではありません。レーザーは、ほんの一瞬照射されるだけなので、痛みを感じる事なく「むしば菌」や「歯周病菌」を一瞬にしてやっつけてしまいます。勿論、患者様の症状や感覚によっても違ってきますが、ほとんどの患者様は「痛くなかった」と言われます。もし痛い時は、遠慮なく歯科医師に言って下さい。

レーザー治療には副作用はないの?
電気メスは身体に電気を通しますが、レーザーは身体に電気を通しません。ですから、心臓に持病のある方やペースメーカーを使用されている方、高血圧の方、妊娠中の方でも安心して受けることができます。レーザー光線を歯や歯肉に照射すること自体には、副作用はありません。しかしながら、光過敏症や光アレルギーの方は適応外となります。まずは歯科医師と相談して、治療にのぞむことが大切です。

放射線(X線)のような有害性はないの?
放射線とは全く違う光なので、心配いりません。レーザーを繰り返し使うことで、身体に有害な影響がでることはありません。また、レーザー光は「光ファイバー」というとても細い導光ファイバー(200ミクロン〜600ミクロン)を通って患部に照射されます。ですから、正常な部位に影響のでないよう治療することができるのです。


ページのトップへ


HOMEごあいさつ当院の取り組み院内感染症対策スタッフ治療費のご案内医院案内
審美歯科インプラント歯周病小児歯科ホワイトニング|レーザー治療|
リンク集お問い合わせサイトマップ

歯科レーザー治療:名古屋市緑区滝ノ水 スエナガ歯科医院