歯周病と歯周病治療について:名古屋市緑区の歯医者 スエナガ歯科医院  

TEL 052-895-4118
ごあいさつ・診療主旨当院の取り組み院内感染症対策スタッフ治療費のご案内医院案内

トップページ
審美歯科
インプラント
歯周病
小児歯科
ホワイトニング
レーザー歯科治療
リンク集
お問い合わせ


歯周病


歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ない(自覚症状がない)と言う事です。

● 歯周病の原因
歯周病の原因はプラーク(歯垢)に潜む歯周病原菌です。プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。



新しい歯周病の治し方


 〜 歯周病を薬で退治 〜

国際歯周内科学研究会が打ち出し新しい歯周病の治療法です。現在、歯周病の一般的治療法とされている外科的治療に対して、歯周内科は薬で体の内部から歯周病を治療するものです。歯周病の原因となる細菌やカビを特定し、薬でその原因菌をねらいうちして除菌すれば、高い確率で歯周病が治るといわれています。


● 歯周内科治療 (国際歯周内科学研究会HPより引用)
歯周内科治療は位相差顕微鏡で、お口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録しそれらの微生物に感受性のある薬剤を選択し、微生物叢を非常に綺麗な状態にすることで歯周病を内科に治す治療方法です。

治療前の非常に汚れた微生物叢が治療後は非常に短期間で綺麗に改善し、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されという利点があることが知られています。

また、はっきりと自覚できる程歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。以前は、長期間歯磨きや外科治療によって1〜2年の治療期間でそのような綺麗な微生物叢を獲得していたのです。

微生物叢が改善されたら、歯石を除去します。その場合も微生物叢が改善されていると、冷たいものがしみるというような症状が非常に少なくなることが知られています。(なお、前歯においては短期間で歯茎が縮むので歯が伸びたような感覚が生じることがあります。そのような場合には残念ながら通常の治療では元々歯が溶けている状態ですので改善は難しいようです。その場合は審美外科を行う必要があるかも知れません。)


● 歯周病が薬で治るってどういうこと?

 〜 顕微鏡で歯周病菌をロックオン 〜

歯周病治療では、徹底した歯みがき指導と歯石除去(ときに歯ぐきを切開する外科的処置が必要)が長期間にわたって行われ、その目的で達成するには、高度な医師の技術と患者の根気強い歯みがきが必要とされます。

歯周病は感染症です。つまり、発症には原因となる菌やカビなどが存在しており、歯周内科治療では、その原因菌に効果ある薬を内服して歯周病を治します。

そのためにも、まず、歯周病を特定する必要があります。そこで、事前に顕微鏡で口の中を観察し、原因菌をつきとめることから治療がはじまります。



● 歯周内科治療の流れ

  1. 原因菌の確認

    位相差顕微鏡による歯周病菌の確認
    歯周病内科治療の一番のポイントは顕微鏡で口のなかの菌を観察することです。顕微鏡で口のなかの環境を確認し、カビが多いのか細菌が多いのか、歯周病になりやすいかどうか、今現状がどんな状態なのかなどわかります。

    菌


  2. 除菌

    ・ 細菌の除去薬剤の内服
    ・ カビの除菌薬剤あるいはカビとり歯みがき剤での歯みがき

      
    ・ 位相差顕微鏡などによる除菌の確認


  3. 歯石除去

    細菌が増える温床を取り除
    除菌をしたあとに必ず歯石を取る必要があります。歯石を放置していると、せっかく除菌しても再び細菌が増えてしまからです。


  4. 再発予防のためのメンテナンス
    歯周病は感染症です。一度除菌しても再感染してしまうと、これまでの治療が無駄になってしまいます。

    • 定期的に歯科検診
      定期的な検診とメンテナンスで、常に口のなかの環境を健全に保つようにしましょう。

      セルフケアも忘れずに
      口のなかが清潔であれば歯周病菌の感染リスクは低くなります。そのためにも毎日、正しく歯みがきを行いましょう。

    • 再感染の感染経路に注意
      歯周病菌は、はしなどの使いまわしや、まわし飲み、キスなどが原因で再感染することがあります。家族ぐるみで歯周病予防に取り組みましょう。


● 歯周内科治療 Q&A

治療は保険適用ですか?
歯周内科治療に健康保険は適用されません。

薬の副作用は大丈夫?
細菌の除菌剤は、下痢を起こしやすい性質を持っていることがわかっています。歯みがき剤は、ほとんど吐き出すので体に影響ありません。

他の薬とののみ合わせは大丈夫?>
のみ合わせに注意が必要な薬もあります。詳しくは、かかりつけの歯科医師のご相談ください。

妊娠中でも歯周内科治療が受けられる?
妊娠中や授乳中は歯周病の薬に限らず内服薬は基本的に避けた方がいいでしょう。子どもに感染させないためにも、出産後に治療をはじめましょう。

薬だけをもらうことはできる?
この治療は顕微鏡で口のなかのカビや細菌を確認してはじめて処方する薬が決定します。顕微鏡での確認なしで口を入手することはできません。

歯周内科治療が効かない場合はありますか?>
歯周内科治療を受けた人の9割に有効性が認められますが、ヘビースモーカーや血液の病気を持っている人、放置されたむし歯がたくさんある人などは効かない場合があります。



当院の歯周病治療


 〜 ミクロレベルでの歯周病治療 〜

位相差顕微鏡歯周病原菌を顕微鏡にて探し、細菌の種類によって治療法を決定、歯周病原菌悪玉菌を駆除していきます。それにより不良歯肉の外科的切除を行わなくても健康な歯肉・歯周組織を獲得できる画期的な治療法です。


歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、私たち歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者さんには、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。


● 歯周病治療の流れ
通常、歯周治療は以下のステップで進められます。
(歯周病の重症度によって、治療の期間や内容は大きく異なる事があります。)
  1. 初診、緊急処置
    初診で来院した患者さんには、問診票の記載事項を確認の上、口答で再度確認したり、より詳しい情報を得るための補足の質問等を行ないます。痛みがある場合等はまず、痛みを取り除くような緊急処置を行ないます。

  2. 診査
    まず病状の正確な把握の為に、さまざまな診査(口腔内写真・歯周ポケット計測・歯の動揺度検査等)を行ないます。この診査は適切な診断と、治療計画の立案の為に非常に重要です。

  3. 診断、治療計画の決定
    検査の結果をもとに、患者さんに現在のお口の中の状態を十分に説明を行ないます。歯科医師は病状を診断し、それぞれの方にあった治療の計画を立てます。

  4. 治療
    歯周病の治療には、それぞれにあった計画的な治療が必要となりますが、一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

    ・ プラークコントロール
    ・ プラークコントロールの確認
    ・ バイオフィルムの除去
    ・ 顕微鏡下にて歯周病原菌の道程
    ・ リスクファクターの改善
    ・ 再検査
    ・ より良いお口の環境を得るための治療

● 定期的なメンテナンス
治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメインテナンスに移ります。歯周病はバイオフィルム感染症です。ですから、適切にプラークコントロールする事で、バイオフィルムの形成を防ぐ事ができます。

プラークコントロールは、患者さん本人が家庭で行なう事が中心となりますが、歯周病は容易に再発してしまう病気の為、定期的に来院して頂き検査(検診)する事をお勧め致します。

定期的にきっちりとメインテナンスを行なえば、歯周病の進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。




ページのトップへ

HOMEごあいさつ当院の取り組み院内感染症対策スタッフ治療費のご案内医院案内
審美歯科インプラント|歯周病|小児歯科ホワイトニングレーザー治療
リンク集お問い合わせサイトマップ

歯周病・歯周病治療:名古屋市緑区滝ノ水 スエナガ歯科医院